【肩甲骨のスタビリゼーション】

◆「肩甲骨のスタビリゼーション」◆

肩甲骨と言えば柔らかさが重視されますが、
もちろん強さも必要です。

肩甲骨は関節で体に着いている訳ではなく、
靭帯などに比べ比較的やわらかい、筋肉で体についています。

可動域を確保するためには周辺の筋肉の柔らかさが必須です。
が、柔らかいだけでは体から肩甲骨が離れてしまいます。
時には体にくっつけて安定させるくらいの機能が必要です。

例えば腕立て伏せをするときに、後ろに肩甲骨がぼこっと出てしまう。
これは地面からの力を受けると体にくっつけていられない状態です。

投球動作やバッティングを考えると、
しっかりボールやバットを加速させたい(力をあたえたい)のに、
肩甲骨のところで力が逃げてしまっていては伝えられません。

この肩甲骨を安定させて使うという考え方も一つ頭に入れてトレーニングしたいところです。

だから腕立て伏せや倒立が大切なのです。
ベンチプレスでは意味がないのですね。

それでは肩甲骨のトレーニングを紹介させていただきます!

◆実践編・コンディショニングトレーニング◆

「肩甲骨プッシュアップ」

プッシュアップとは腕立て伏せのことですが、
通常肘の曲げ伸ばしを行う腕立て伏せを、
肘を伸ばしたまま肩甲骨の動きだけで行います。

これによって肩甲骨を動かす「前鋸筋」を鍛え、
インパクトやリリースでの押しこみを強化します。

ポイントは
・体は真っすぐ(お腹が落ちたりお尻が出たりしないよう)
・肩甲骨の動きを意識する
・手を肩の真下に置く
・地面をしっかり押す

今回は動画にもアップしているものなので、
動画をご覧頂けたらと思います!

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録