カーブの投げ方、握りから手首、リリースの動作

【カーブの握り方】

左がカーブの握りで、右はストレートの握り。
一番の違いはボールの右半分を握っているということ。
カーブは人差し指の横をボールが転がるようにして回転がかかるため、
ストレートのようにボールの真ん中を握ってしまうと上手く投げられません。

また、ボールの縫い目に中指を沿わせて握ると、
よりスピンがかかりやすくなります。

【カーブのリリースのイメージ】

<ストレートのイメージ>

カーブのリリースは常に手のひらが自分の方を向いた状態を維持するだけにし、特に手首を途中で捻ったりする必要はない。なぜなら、ボールの回転は手首の回転でかかるのではなく、ボールの上を指が滑ることでかかっているからである。

また、手首の角度が背屈(手の甲側に反ること)すると回転軸が横になってしまい、縦にドロンと落ちるようなカーブにならない。手首を軽く掌屈(手のひら側に曲げること)した状態を作っておくとキレイな縦回転がかかる。

カテゴリー: コラム   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録