スライダーの投げ方、握りから手首、リリースの動作

【スライダーの握り方】

左がスライダーの握りで、右はストレートの握り。
これもひとつの例ですが、スライダーは中指を縫い目にかけ、
その反対側の真ん中を親指が支えています。

ストレートの握りから少しだけ親指を小指側にずらして持っても良いかと思います。
とにかく人差し指の側面でボールを切るイメージで握りましょう。

【スライダーのリリースのイメージ】

<ストレートのイメージ>

ん?と思った方がほとんどだと思いますが、腕の振りはほとんど変わりません。
なぜなら、ストレートと同じように内旋の動きの中でスピンをかけるからです。

注目すべきは3枚目のリリースの瞬間の手首だけ。


(左がスライダー、右はストレート)

人差し指の側面でボールを切るため、リリースの時点でスライダーはやや人差し指が上にある。
ストレートは中指でボールを縦に切るため、肩が内旋し、中指がやや上にある状態。

カテゴリー: コラム   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録