野球ボールは中指を中心に第一関節で握る

【手の真ん中、中指で握ること】
ボールの正しい握り方のポイントとしては、
中指を中心とした握り方をすること。

手の真ん中を通る中指に力が加わる分には、
手首や肘に捻じれの力がかかることはないため、
肘の故障を予防することが出来る。

また、リリースの瞬間は肩甲骨が押し出され、
自然に小指側が上に来るような形となるのが理想的で、
その時に中指でリリースすることが出来れば、
よりスムーズな肩の内旋動作によって負担の無い動作となる。

【第一関節で握ること】
ボールの縫い目を指のどこに当てるかも大切な要素。
指の腹ではなく、第一関節で持つことがポイント。

腹で持ってしまうよりも、
使う指の筋肉を減らすことが出来るため、
リラックスした状態でボールに力を伝えられます。

<指の腹で持った写真>

<第一関節で持った写真>

カテゴリー: コラム   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録