バッティングの右手(後手)

◆バッティングの右手(後手)◆
バッティングと投球との違いは、

・道具が重い
・関節が一つ増える
・受け身

このあたりでしょうか。
今回は上二つ。

・重い
・バットという骨が一つ増える

これをヒントに考えます。

まず言えるのは、
重心に近いところで操作すること。

これが求められるかと思います。

「ピッチングは重心から遠いところでリリース」

しかしバッティングは近いところです。
これは重い荷物を運ぶときをイメージ出来ればと思います。

次に、「関節を減らす」
これが重要項目かと思います。

当然ですが、
最後バットに力を加えるのは手です。

手から肘までの前腕。
これを力を加える方向に真っすぐ入れる。

そうすると、「手でバットを押す」から、
「肘でバットを押す」に変わり、
関節を一つ減らすことが出来ます。

ボクシングを想像してみて下さい。
前腕の向きと力を加える方向は一致します。
これは力が入るからです。

これをバッティングにも応用するのです。

文字では伝えにくいので、
動画をご覧頂けたらと思います。

適応するトレーニングは、
前腕を地面に対して垂直を保って行う腕立て伏せです。

肘をまげた時に前腕が寝るような腕立て伏せは、
肘の筋力を使っているので、力が弱いのです。

肘の筋力は使わず、
肩甲骨やお腹で地面を押すためには前腕を垂直にすることです。

是非お試しください!

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録