【キャッチャーの二塁送球】

◆「キャッチャーの二塁送球」◆

キャッチャースローの難しいところは、
体重移動の時間が充分に取れないことです。

外野、内野、ピッチャー、キャッチャーの順に、
移動のエネルギーは使えなくなります。

その分のエネルギーをどこで生むかという問題になります。

ポイントは、
(下半身)
・左足が前の45度で構える。
・捕球と同時に左膝を前に倒しながら骨盤の向きを変える。
・重心の真下のやや後(バックネット側)に右足をつく。
・お尻は常に背中側に引いた状態を維持する。

(上半身)
・テイクバックでは肩の緩い内旋を維持する(肘と手の高さを揃えるイメージ)
・ボールが身体より背中側に入らない。
・お腹と肩甲骨で前に力を伝える。

とにかくスローイングではお尻の位置を後に引くこと。
つまり頭が背中側に倒れないようにすることが大切です。

動画での解説をご覧ください。
(下半身の使い方)

(上半身の使い方)

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録