【体幹と肩甲骨を連動させる】

◆「体幹と肩甲骨を連動させる」◆

これはこの冬に中心的に行って、効果を感じられたトレーニングです。
以前のメルマガでも触れたのですが、もう一度動画も加えてお伝えします。
それくらい重要な項目です。

ピッチング、バッティング、ともに足が地面に着いた中で、
手を加速させるという動作です。

そこで大切なのが、足から手まで、力の漏れが無いように、
一気に筋力を発揮しなければならないということです。

捻じれの力、縦の力、横の力、全てがお腹に、
そして不安定な肩甲骨を安定させてとにかく力を伝える。
それがとても大事です。

では、足から手まで、力を伝えるトレーニングを紹介します。

◆実践編・コンディショニングトレーニング◆

「ワンハンド・肩甲骨プッシュ」

壁に向かって少し離れて立ちます。
体が斜めになるようにして、体重をかけて両手をつきます。
片方の手を離します。
ついている手で壁を押すようにして、体を押し返します。
肩甲骨もぐっと前に押し出せるよう、行っていきましょう。
体幹がぶれないように、安定させることが大切です。

より負荷をかけるために、
腕立て伏せの姿勢でも同じように行ってみましょう。

腹斜筋(肩から股関節の対角線)を意識し、
肩甲骨を使って動かしていきましょう。

回数に特に制限はかけません。

終わった後に軽くシャドウピッチングをし、
前で力が使える感覚があると成功です。

是非お試しください。

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録