【筋―骨格バランス調整】

◆「筋―骨格バランス調整」◆

たいていの場合、身体に歪みやアンバランスのある状態でプレーしています。
よほど身体の事を知り、コンディショニング出来ていないと、
確実に起こっているケースだと思います。

今回はその一つの例として、足の長さを目安に「骨盤」の歪みによって、
全身の筋反応が悪くなっているケースの改善例を紹介します。

まず、足の長さが変わっている時、どのような歪みが骨盤にあるのでしょう。
これは、長い足の方の骨盤が前に、短い方は後ろに骨盤が傾いています。

その原因は、長い足の表側(大腿四頭筋)が緊張し、
短い足の裏側(お尻やハムストリング)が緊張しています。

そして緊張していない筋肉は、力が発揮しづらくなっているケースが多いのです。
(長い足のハムストリングなど)

それだけでなく、歪みのある状態では、身体がそれをストレスと感じ、
全身の筋力が発揮しづらい状態となります。

では実際にどのように歪みを直すのか、
修正方法を紹介していきます。

◆実践編・コンディショニングトレーニング◆

「骨盤修正のコンディショニング」

まずは長座で座った状態で、踝の位置をくらべます。
どちらが長い足になっているか、把握しましょう。

長い足のももの表側をストレッチします。

その反対、短い足のももの裏側(ハムストリング)をストレッチします。

その後、長い足を軸足とした、股関節トレーニングを行います。

そしてもう一度長さを比べてみましょう。
戻っていれば筋バランスが整い、良い状態となっています。

コンディショニングの前後で、身体の捻りや前屈など比べると、
動きやすくなっていることが分かるかと思います。

動画でやり方を紹介しますので、
こちらをご覧ください!

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録