最後の力を伝える指力

◆「最後の力を伝える指力」◆

肩甲骨のトレーニングで解説したように、
重心(お腹などで)作られた力を、
最後指先までロスせずに伝えなければなりません。

その時に、指のフックのような力が必要になります。

どちらかといえば、ボールをリリースする時というのは、
開いた指を自ら握っていくというよりは、
もともと曲がった指が伸ばされる力に対抗し、
引っかけ続けるというような筋力の使い方になります。

この力を鍛えるのが、指で物を引っ張ったりするトレーニングです。

身近なところでは鉄棒などが有効です。
トレーニング例を紹介させていただきます。

◆実践編・コンディショニングトレーニング◆

「指フックのトレーニング」

鉄棒にぶら下がります。
ボールを持つ時の指を引っかける位置と同じように、
第一関節に一番力がかかるように少し手を開きます。

もし可能であれば人差し指と中指の2本指でぶら下がります。

すこしだけ体を上下させるようにバウンドさせましょう。

特に回数制限を設けず、
指が離れるまで行いましょう。


投球練習などがある場合は、
全て終了してから行うようにしてください。

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録