【飛距離を伸ばすために?】

◆「飛距離を伸ばすために?」◆

バッティングの動作について考えます。
ピッチングと明らかに違うのは、受身の競技だということです。

ピッチャーは自分手動なので、
自分の身体の中で最大パフォーマンスを発揮すれば良いのですが、
バッティングはそうはいきません。
なので動作を変えた直後にそれが良い結果を生むかどうか、判断しづらいものですね。

ひとつの指標として、ボールの回転を見てみましょう。
ピッチャーは自分のボールの回転を意識しますが、
バッターももっと自分の打球の回転に意識するべきだと考えています。

ゴルフではスライスやフックなど、回転に意識を向けています。
そして真っすぐ~ややドロー(緩やかなフック)の回転の時に、
飛距離が一番出ると言われています。

その理由を考えると、バッティングでの飛距離(打球の速度)も上げることが出来ます。

スライスが飛ばない原因は、単純にヘッドが加速する前にボールを捕らえているから。
つまり、肩の回転にヘッドが追い付かず、身体の後で打ってしまっているのです。

バッティングでも非力なバッターはこういった捕らえ方をしています。

この原因は、腹、背中、肩甲骨が捻りの力に対して耐えられず、
バットを押した力の反力に押し返されてしまい、
腰だけが先行して回ってしまうからです。

つまり、体幹(腹や背中、肩甲骨)の捻りによって、
右手(右打ち)が前に押し出せるような身体が必要です。

地面から足を通って、最終的に手まで力を伝えるトレーニングを紹介します。

◆実践編・コンディショニングトレーニング◆

「ワンハンド肩甲骨プッシュ」

・腕立て伏せの姿勢になります
・手は外を向け、肘は伸ばしたまま
・肩甲骨の動きだけで胸を上下させます
・慣れてきたら、体幹がぶれないように片手で行います

お腹が落ちないように気をつけながら、10回~20回行いましょう。

その後、肩甲骨からプッシュ出来る感覚を動作の中で覚えていきましょう。

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録