「バッティングの骨盤と背骨のトルク」

下半身の使い方ということで、
特に足の上げ方やタイミングの取り方ではなく、
打ちに行く時の骨盤の向きという、
力の入れ方の根本的な部分を解説します。

キーワードはトルク(捻じれの力)です。
バットはかなり重たい道具で、
これを加速させる中で背骨には強いトルクがかかります。

それに対抗するトルクを生まなければ、
強い力をバットに加えることが出来ません。

強いトルクを与える道具として代表的なのが、
L字型の「レンチ」と呼ばれるネジまわしの工具。

背骨にトルクを与えるためにも、
L字を背骨の下に作ることが大切です。

これがピッチングでもおなじみの「くの字」
つまりスクワット姿勢が基本となるわけです。

少しお尻を後ろに引いた状態で、
背骨のラインは真っすぐに、前傾させる。

動画で詳しく解説していますので、
こちらをご覧ください。

カテゴリー: コラム, メルマガバックナンバー   パーマリンク
DVD好評発売中!
野球用サプリメントベーシックバランス
安心の返品・返金保証
講習会お申し込み
メルマガ登録